イチオシ感想投稿キャンペーン Amazonギフト券が当たる!
忘年会
三和交通×採用マンガ
横浜が生んだマルチタレント、石井正則さんを徹底解剖!

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    yokohama!1212

    けんちじさん

    test

    けんちじさん

    ergregerger

    けんちじさん

もっと見る

アクセスランキング

ジャンル
1位
キニナル今日の一日の運勢は?(9月23日)
2位
【はまれぽ名作選】キニナル今日の一日の運勢は?(9月22日)
3位
コワい人の家?それともクラブ!?ライター松宮が関内にある“正体不明の黒い建物”に突撃!
4位
横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.7 「買い物しりとり」でパサージュ上大岡とさかえ通り商店街を迷走
5位
戦後、一世を風靡したバンドホテル。その跡地は?
6位
中華街に温泉がある!?ライター松宮が「恵びす温泉」に突撃!
7位
【はまれぽ名作選】横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.6 アルバイト代で夕ごはんを! 粋な「横浜橋商店街」歩き
8位
【編集部厳選!】はまれぽ地域別オススメ記事特集 Vol.40「希望ヶ丘特集」
9位
町で見かけた“変”なモノ特集(2013年9月6日号)
10位
キニナルあの子の水着をチェック!2013【鵠沼海岸編 第2弾】
11位
【横浜・川崎・湘南で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(9月6日~9月12日)
12位
【プレイバック】はまれぽライブラリー(2011年9月4日~9月10日)
13位
明治時代の「初代」横浜駅周辺の風景と駅舎内の様子はどんなかんじ?
14位
横浜で最大級といわれる綱島諏訪神社の大祭。どれだけスゴイの?
15位
【編集部厳選!】はまれぽ地域別オススメ記事特集 Vol.39「港南台特集」
16位
町で見かけた“変”なモノ特集(2013年8月30日号)
17位
【横浜・川崎・湘南で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(8月30日~9月5日)
18位
【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年8月28日~9月3日)
19位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
20位
キニナルあの子の水着をチェック!2013【鵠沼海岸編】
21位
根岸の米軍住宅で行われた「第48回 日米親善 米海軍根岸盆踊り」をレポート!
22位
横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.5 思い出探しで巡る「たまプラーザ商店街」
23位
横浜を舞台にした小説を書いている山崎洋子さんってどんな人?
24位
中華街に「神の手」を持つ整体師がいるってほんと!?
25位
横浜市内18区の区名の由来Ⅳ【昭和61年・平成6年編】
26位
「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」オープン初日の様子をお届け!
27位
かつて東急東横線東白楽と反町駅の間に、幻の駅があった?
28位
横浜なのに鎌倉を感じる秘境「田谷の洞窟」と首塚「王子神社」ってどんなところ?
29位
キニナルあの子の水着をチェック!2013【由比ヶ浜編 第3弾】
30位
菊名貝塚が住宅地に埋もれてしまっているのはどうして?
test

住む  不動産

ハウスポート湘南テスト

「お客様の喜ぶ顏が見たくて・・・」そんな言葉は聞き飽きた?いえ、ここならウン、と納得するはず

最終更新日:2016年11月29日

045-825-0700

イチオシサンプル画像

NEW モテナシ

「購入者はパートナー」。とにかく実直な接客。戸塚区「ハウスポート湘南」

住まいのオープンキャンパス」を受けよう。ローンや保険、子供にかかるお金、果ては老後に必要な生活資金のことまで、お金のプロがついている。人生の一大事だからこそ信頼と安心を一緒に購入したい

DATA
住所: 神奈川県横浜市戸塚区品濃町538-1 東戸塚中央ビル5F
JR横須賀線東戸塚駅東口から徒歩1分
営業時間: 9:00~22:00

家を買うとき、必ずお世話になるといっていい町の不動産屋さん(仲介業者)。
良い店と、そうでない店の差はドコにあるんだろう? 実績と、顧客の満足を積み重ねられるお店は、ほかとどう違うのだろうか?
 
この疑問、取材を進めてみると、ひとつの答えが転がりだした。
 
「実は不動産屋さんの実績と満足って、人柄が積み上げている?」
 
もちろん抱える物件や品数も大切だけど、それだけじゃ説明がつかないくらい、如実に評価が立ち上がってくるお店が東戸塚にあるそうな。
 
家を買う。そんな大きな買い物で、高い評価を得ている不動産屋さんの秘密とは?色々、見て聞いてみよう(ひょっとしたら将来、お世話になるかも知れないしね・・・多分、あるよな?)。
 

houseport_article_1
東戸塚の駅前すぐのビルに、そのお店が・・・

houseport_article_2
ナビゲーターの細野誠治です。こちら「ハウスポート湘南」さんっっっ!
 

houseport_article_3
受付お姉さん。はい、カワユス!

 
ビルの5階フロア全体を占める店内。家を探す人たちの多くは子育て世代ということもあり、充実したキッズスペースが目に飛び込む。
 

houseport_article_4
明るく開放感のあるフロア。すごく広い

houseport_article_5
キッズスペースも広い(オムツ台あり!)

houseport_article_6
チャイルドシートもある

 
こちら「ハウスポート湘南」は1990(平成2)年 創業。横浜・川崎エリアすべてを網羅する「地元・横浜に特化した」不動産屋さんだ。
 
さっそくお話を伺ってみよう。代表の佐藤公伯(ただのり)氏に直撃。
 

houseport_article_7
「夢を描くんです。構えずに“楽しみ”にいらして下さい」と代表の佐藤公伯氏

  
元は佐藤氏、飲食業から不動産の世界へと飛び込んだ転職組。接客好きが高じ、究極に「お客様の喜ぶ顏が見たくて」と、この道へ進んだそうだ。
言われれば確かに、家を買った直後の人って“喜びの絶頂”にいるのかも。
 
―いい買い物が出来れば良し。でも家を買うって「怖い」というか警戒感がある。失敗のできない、ギャンブルの側面すらある気がするんですが。
「数千万円という買い物ですからね。それを35年ローンとかで払っていき、20年30年と暮 らしていきますから、そういった思いをされるのはある程度、仕方ない部分もありますね・・・」
 
―ですよね・・・。警戒感ありき。
「ただ、私たちの評価は“買った時”に下されるのではなく、“何十年も住み続けて頂いて”初めて得られるものなん です」
 
・・・そんなに長い目で見るものなんですか?
 
買った直後の「やったー!」ではなく、そこから始まる日々の暮らしでの満足こそが、不動産屋さんの本懐なのだという。
 

houseport_article_8
笑顔と、終止落ち着いた雰囲気を醸す佐藤氏。30歳にして不動産業界へ

 
そんな“不動産屋さんの本懐”って、どうしたら遂げられるんだろうか?
「いかにお客様の不安を取り除いて差し上げられるか、です」と佐藤氏。また、
「家を探しているご家族の方に、必ず私の名刺をお渡ししています」とも。
 
担当者とは別に、社長の名刺を渡すことで少しでも心強く思って貰いたい想いがあるそうだ。そして夫婦2人連れで訪れた場合、必ず双方に意見を聞くという。
 
「交渉ごとは旦那様だとしても、お見えになった奥様も、その家で暮らすんです。住む方の意見を聞かずにお話を進めることはできませんから」
 
目先にばかり視点がいくのは駄目だ。とも佐藤氏。
 
ローンという月々の支払いに比例するように、満足をされているか?いい買い物をしてもらえたか?ハウスポートの仕事はベストを尽くせたのか?・・・と日々、試されている仕事なのだと佐藤氏は考えているそうだ。
 
(筆者が知らなかっただけで不動産屋さんって、すごく大変なんじゃないか?)
 
さて、この辺で一端、佐藤氏とのインタビューを終え、今度は実際に現場の最前線にいる「サービスマン」に話を聞いてみよう。
どんな仕事をして、毎日、どんな思いで「家探し」の手伝いをしているんだろう?
 
 
ハウスポート湘南の最大のウリとは!?・・・続きは次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索