検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

保土ケ谷区坂本小学校近くの駄菓子屋さんは、アレンジでいろいろな食べ方を教えてくれます。ほのぼのします。チョコバナナおすすめ。(むっちーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

地域に溶け込み、子供たちから支持されている「ウエムラ」。オリジナルメニューは店主と子どもたちが一緒になって考え、作られた逸品。

  • LINE
  • はてな

2013年09月08日

ライター:細野 誠治

懐かしさを求めて

母方の曾祖母(故人)がまだ、うら若き20代だったころ、実家は駄菓子屋を営んでいたそうだ。今でも実家に帰ると納戸や物置に、店で使っていたガラス製の菓子瓶がいくつもしまわれている。
今回のこの調査、駄菓子屋の曾(ひ)孫である筆者が受けずに誰が受ける!?
そう、バッちゃんの名にかけて!! 駄菓子屋の娘の血を引く不肖・細野誠治、行ってきます!
 


相鉄線・上星川駅で下車
 
 

目印の坂本小学校


小学校に到着すると、目的の駄菓子屋さんは近所どころか目の前だった。
 


正門からすぐ!


きれいな建物の一階が店舗。看板も見当たらない。
 


店内の様子


かなりのにぎわい。ご商売のお邪魔をしてはイケナイと、しばし外で待たせていただく。



取材拒否の店だった

待つこと10数分。一向に子供たちは店を後にはしない。仕方なく店内に足を踏み入れてみる。
 


こちらが店主の上村和雄さん(67歳)


さっそく交渉をするが、取材はNGと言われてしまう。
幾度か言葉を継ぎ、曾祖母の話をしてみる(取材したいんです・・・)。すると上村さんから「いいですよ、取材」との、ありがたい言葉(バッちゃんのお陰だと思う、本当に)。

過去に何度かテレビ局が「駄菓子屋の繁盛店」として取材を申し込んできたが、大勢で取材に来られると、ご近所さんや子どもたちに迷惑がかかるということで、すべて断ってきたそうだ。
屋号は片仮名で「ウエムラ」。今年で30周年。
 


ほとんどの商品に手が届く


上村氏、元はこの場所で文房具店を営んでいたそうだが、どうして文具から駄菓子になったんだろう? 学校の近くなら繁盛すると思うが。
「それはね、ある時、小さな女の子が“文房具しか、ないの?”って聞いてきたのが、きっかけなんですよ」。閃くものがあったとも。

インタビューの最中も子どもたちは待ってくれない。「オッちゃん、オッちゃん!」と、子どもたちの購買意欲は凄まじい。度々、中断せざるを得ない(ゴメンよ、みんな・・・)。
 


忙しい!


突然、筆者の尻をトントンと叩く子が・・・。

―ん? 何だい?
「あのねっ!あのねっ!この“焼たら”でねっ!公園で●●●●釣んのっ!」
(↑早口で聞き取れない)

―何を釣るって?
「だからザリガニだって!」

取材が来てテンションが上がったのだろうか。汗びっしょりの男の子が熱っぽく語る。
 


焼たら(10円)。ザリガニのえさと言ってましたが、人間も美味しくいただけます


喋って満足したのか、ビュン! と音を立てて走り去る男の子。
あっ、待て! 写真撮らせて・・・
 


素早い・・・


男の子に逃げられ、待ちぼうけな筆者。

そうそう、ウエムラ流の食べ方を教えてもらおう。再び、ごった返す店内へ。



これが駄菓子? 豪華なオリジナルメニューのお味はいかに!?・・・次のページ≫
 

おすすめ記事

大口に駄菓子屋って今でもあるの?

動画閲覧テストシナリオ

  • PR

坂の街をめぐる、はま旅Vol.92「上星川」編

test

  • PR

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

記事のタイトル

  • PR

あざみ野にある「たこやきバー」ってどんなところ?

熱海の老舗温泉旅館は温泉でかかったああああああああああああああああああああああああああああああ投稿

  • PR

新着記事

【新企画】はまさぽ1号登場! 噂のアイドル突撃はじめ! 

    • PR
  • 2018年02月18日

【新企画】噂のアイドル突撃その2!

    • PR
  • 2018年02月19日
イベントカレンダー2018年2月
はまびとインタビュー
横浜の家系ラーメン全店制覇への道